Kita:Kara [キタカラ] − 札幌発信のフリーペーパーとギャラリー
南蛮と白磁 ー 森岡 成好 森岡 由利子 - Kita:Kara [キタカラ] − 札幌発信のフリーペーパーとギャラリーきたから発信する、見たい、聴きたい、参加したい!アートなおでかけ情報と「Kita:Kara Gallery」からのお知らせ。
お問い合わせ


南蛮と白磁 ー 森岡 成好
森岡 由利子

開催期間:2015年09月18日〜10月10日

NEWS:「南蛮と白磁」展好評開催中/作品再入荷のお知らせ!

Kita:Kara Galleryでは現在、
日本で一番との呼び声も高い南蛮焼締の森岡 成好(しげよし)さんと、
白磁の森岡 由利子さんの、北海道初の展覧会、
「南蛮と白磁 ー 森岡 成好 森岡 由利子」展が現在好評開催中です!

人気のため、一時品薄状態となっていた作品が再入荷!
作品は、一部を除いてご購入いただいたものを当日お持ち帰りいただけます。
数が揃っている今がチャンスですので、ぜひ一度足を運んで見て下さいね!

Kita:Kara Gallery 2015.9.30

南蛮と白磁

森岡 成好 森岡 由利子

9月18日(金)―10月10日(土)

日祝祭日休館 10時〜19時[最終日17時閉館]

Kita:Kara Gallery

どちらも薪窯で焼き上げた、土と炎から生まれる力強い器が魅力です。
お二人の根底にあるのは、自然の営みの中で
権威にとらわれず「生活に根づいた器」をつくり続けること。
そのぶれない骨太さに惹かれて育つ弟子が多く、
kanata art shopでも人気の作家「市川孝」「加地学」も自然の持つたくましさを受け継いでいます。
森岡 成好さんの南蛮焼締は、土の粗々しさと深み、芯の通った気合いがたまりません。
由利子さんがつくる白磁は、凛とした美しいフォルムと肌合いが印象的です。
「南蛮と白磁」は、緑豊かな山間に暮らし、自分も自然の一部として土を焼く
お二人の生き様が投影された「焼き物たち」の魅力に触れてほしい二人展です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

オープニングパーティ 9月18日(金)19時〜
作家在廊 9月18日(金)・19日(土)

森岡 成好しげよし(南蛮)

1948年 奈良県生まれ
1973年 和歌山県天野に築窯。 焼締を中心に創作活動を展開
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
1999年 森岡 由利子と、バンコク日タイ友好展覧会を開催
2010年 石垣島に築窯
2015年 現在、和歌山県にて制作

森岡 由利子(白磁)

1955年 岩手県生まれ
1982年 焼締、土器を経て白磁を始める
韓国の窯場を訪れる
1999年 森岡 成好と、バンコク日タイ友好展覧会を開催
2009年 韓国MBCテレビギャラリーで展覧会を開催
2015年 現在、和歌山県にて制作
トピックスイベント
8人の女たち展
トピックスイベント
手しごとの収穫祭 in チ・カ・ホ : 9月